「福岡町つくりもんまつり」に向けて行ったプロジェクションマッピングのテスト投影=あいの風とやま鉄道福岡駅前

「福岡町つくりもんまつり」に向けて行ったプロジェクションマッピングのテスト投影=あいの風とやま鉄道福岡駅前

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

祭りの歴史投影へ 23日から福岡町つくりもんまつり

北日本新聞(2017年9月13日)

 23、24の両日に高岡市福岡地域で開かれる「福岡町つくりもんまつり」に向け、同市商工会青年部は12日、あいの風とやま鉄道福岡駅前でプロジェクションマッピングのテスト投影を行った。

 プロジェクションマッピングは同青年部が制作。300年以上続くとされる祭りの歩みを紹介する。

 この日のテスト投影では、関係者がプロジェクターや映像の調整を行った。同青年部の吉江栄伸福岡ブロック長は「祭りの歴史背景が分かる内容。若い人にも由来を知ってほしい」とPRした。

 プロジェクションマッピングは約4分間。23日午後7時から同9時まで、30分間隔で計5回同駅の三角屋根の壁に投影する。

高岡・氷見・射水 ニュース