後半27分、勝ち越しゴールを決めて喜ぶ金子(左)とアシストした佐藤

後半27分、勝ち越しゴールを決めて喜ぶ金子(左)とアシストした佐藤

石川県 その他

ツエーゲン、11戦ぶり白星 名古屋に3-1

北國新聞(2017年9月18日)

 明治安田生命J2第33節(17日)ツエーゲン金沢は金沢市の県陸上競技場で名古屋グランパスと対戦、3-1で勝利した。今季初めての大台突破となる1万1173人の観客の大声援を背に、11試合ぶりの白星をつかんだ。
 前半6分、金沢は幸先良くPKを宮崎幾笑(きわら)が決めて先制したが、その後は名古屋のボール支配を崩せず、防戦一方の展開となった。後半13分、早大在学中の秋山陽介(特別指定選手)のゴールで追いつかれた。一進一退の攻防が続く中、27分に途中出場直後の金子昌広が佐藤洸一のアシストから勝ち越しゴールを決め、わずか2分後に石田崚真のクロスに佐藤が頭で合わせて3点目を奪った。
 金沢の対名古屋戦は今季2戦2勝で、7月8日のアビスパ福岡戦以来の勝利にサポーターは歓喜した。ヒーローインタビューで作田裕次(星稜高OB)は「90分間楽しめた。1万人以上の声援がたっぷり力になりました」と手を振って感謝し、会場にはツエーゲンコールが響いた。

石川県 ニュース