女性歌手(右)と一緒にアニメソングで盛り上がる観客たち

女性歌手(右)と一緒にアニメソングで盛り上がる観客たち

長野県 白馬・安曇野 祭り・催し

白馬でアニメソング野外フェス 初開催に400人

信濃毎日新聞(2017年9月18日)

 アニメソングの歌い手らが野外ステージで持ち歌を披露する「アニエラフェスタ」が17日、北安曇郡白馬村のスキー場「白馬岩岳スノーフィールド」で初めて開かれた。台風18号の影響で、会場はゲレンデの頂上から麓に変更したものの、アニメファンら約400人が各地から集まり、雨の中、出演者と共に盛り上がった。
 人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の主題歌で知られる歌手のきただにひろしさんら8組が順番に歌った。最前列の人たちは音楽に合わせて跳びはねたり、腕を高く突き上げたり。会場は熱気に包まれた。アニメ好きの仲間と来た名古屋市の大学生雨宮近(ちかし)さん(23)は「開放感があっていい。お気に入りのアーティストも見られて満足です」と話した。
 白馬の豊かな自然を体感してもらおうと、マウンテンバイクなどの野外体験も予定されていたが、悪天候で中止に。主催した安曇野市の会社「アニエラ」の社長小林諒さん(31)は「悪条件の中、これだけたくさんの人が来てくれてうれしい。フェスは来年以降も定期的に開きたい」と喜んでいた。

白馬・安曇野 ニュース