歌詞について話し合う中川委員長(手前右)と林道さん(同左)、小泉さん(奥右)

歌詞について話し合う中川委員長(手前右)と林道さん(同左)、小泉さん(奥右)

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

なんと湯めぐり音頭を制作 11月完成

北日本新聞(2017年9月19日)

■温泉や観光名所PR

 南砺市内の温泉巡りをお得に楽しめる恒例企画「なんと湯~ったり湯めぐり」の実行委員会は、地域や温泉をPRする「なんと湯めぐり音頭」を作る。中川良一委員長と地元の歌手、林道美有紀さん、高岡市のギター奏者、小泉こうのすけさんが18日、南砺市法林寺(福光)の法林寺温泉で打ち合わせを行った。

 イベントは、入浴券が5枚つづりになっている「湯めぐりパス」を1900円で販売。市内9施設で利用できる。オリジナルソングは初めて作り、中川委員長が歌詞、小泉さんが曲、林道さんが歌を担当。温泉の魅力や地域の観光スポットを歌詞に盛り込む。11月に完成する予定で、全施設を巡った人にCDを贈る。

 法林寺温泉代表の中川委員長は「温泉のオリジナルソングは珍しいと思う」、小泉さんは「音楽が好きな人が聞いても楽しめるアレンジにした」と話す。林道さんは「老若男女みんなに口ずさんでもらいたい」とPRする。湯めぐりは北日本新聞社後援。

砺波・南砺・五箇山 ニュース