絵画と生け花が並び、魅力的な空間がつくり出された寺院=南砺市藤橋

絵画と生け花が並び、魅力的な空間がつくり出された寺院=南砺市藤橋

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

井波中心部が美術館に まちなみアート開幕

北日本新聞(2017年9月24日)

 南砺市井波地域中心部一円を美術館に見立て、アート作品を展示する「まちなみアートinいなみ2017」が23日に開幕し、大勢の来場者が多彩な芸術作品や井波別院瑞泉寺の絵解き説教などを見学し、新旧文化の魅力に浸った。10月9日まで。

 寺院や彫刻工房、商店など93カ所に絵画や書、彫刻など約300点を展示。瑞泉寺周辺の四つの寺院には、絵画と生け花の特色が融合した空間がつくり出された。照円寺では、カボチャやリンゴから自らの内面世界を浮かび上がらせた絵画や人物画など富山大芸術文化学部学生らの作品を紹介している。佛厳寺では、クジラと植物を組み合わせた幻想的な絵画が、本尊を背に展示され、寺院の空間と絶妙に調和している。

 瑞泉寺では伝統行事「太子伝会(たいしでんえ)」でおなじみの聖徳太子絵伝の絵解き説教が披露され、来場者が真宗王国の風土を感じ取っていた。北日本新聞社共催。

砺波・南砺・五箇山 ニュース