3基の曳山が勇壮に巡行した海老江曳山まつり

3基の曳山が勇壮に巡行した海老江曳山まつり

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

海老江曳山、威勢良く 3基が地区内を巡行

北日本新聞(2017年9月24日)

 江戸時代後期から続く「海老江曳山(ひきやま)まつり」が23日、射水市海老江地区(新湊)で行われ、からくり人形を載せた豪華な装飾の曳山3基が、威勢の良い掛け声とともに町を巡行した。

 祭りは海老江加茂神社の秋季祭礼。江戸時代に北前船交易で財を成した人たちが曳山を造り、1840年ごろに再建されたと伝わる。

 日中は花笠を付けた花山が巡行し、日没後はちょうちんを下げた姿に装いを変えた。笛や太鼓、鉦(かね)の囃子(はやし)に合わせ、法被姿の若者たちが「イヤサー、イヤサー」の掛け声に合わせて曳山を引いた。

 海老江曳山の特徴は、曳山上部のからくり人形と漁師の網起こしの作業歌「木遣(きや)り」。祭りを訪れた大勢の人たちは、多くのひもで操られたからくり人形の動きや若衆が勇壮に歌う木遣りに拍手を送っていた。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット