こきりこの旋律に合わせ、心行くまで輪踊りを楽しむ観光客=南砺市上梨

こきりこの旋律に合わせ、心行くまで輪踊りを楽しむ観光客=南砺市上梨

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

思う存分総踊り こきりこ祭り最終日

北日本新聞(2017年9月27日)

 こきりこ祭りは最終日の26日、南砺市上梨(平)の白山宮境内で舞台競演会や、こきりこ総踊りが行われた。大勢の観客が「こきりこ」の郷愁を誘う旋律に身を任せて踊り、五箇山民謡の魅力に浸った

 舞台競演会には地元の越中五箇山こきりこ唄保存会、越中五箇山民謡保存会、富山市の越中八尾おわら保存会、岐阜県の白川郷荻町民謡保存会が出演し、伝承の民謡と踊りを繰り広げた。

 演舞が終わると、観客席に特設のやぐらが設置され、総踊りが始まった。こきりこ唄保存会の唄と演奏に合わせ、観客はやぐらを囲むように何重もの輪を作った。「デデレコデン」の囃子(はやし)を口ずさみながら、ささら踊りや手踊りを心行くまで踊った。

 白山宮の秋祭りに当たるこの日は、競演会に先立って奉納こきりこ踊りがあった。

砺波・南砺・五箇山 ニュース