新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し アウトドア・レジャー

妙高、11月マラソン大会 累積標高2千メートル18集落

新潟日報(2017年9月29日)

 妙高市内の中山間地域18集落を駆け抜けるマラソン大会「MURA18」が11月4日に開かれる。55キロのコースは累積標高約2千メートルの難コースだが、のどかな農村の景観と、応援や給水などに参加する住民ボランティアとのふれあいも楽しめる。主催者は「ハードでアットホームな大会を目指す」としている。

 MURA18は昨年に続き2回目。アップダウンのある中山間地域を魅力あるマラソンコースとしてPRしようと、国際自然環境アウトドア専門学校(妙高市原通)の卒業生らでつくる実行委員会が企画した。

 コースは55キロ、30キロ、10キロ、小学生の中・高学年向け3キロ、同低学年向け1・5キロの計5コース。同日は午前6時にアウトドア専門学校を順次スタートする。

 参加費は55キロ1万円、30キロ6千円、10キロ4千円、3キロと1・5キロ1500円。インターネットサイトの「RUNNET」で申し込む。10月8日締め切り。

上越・妙高・糸魚川 ニュース