天門橋や夜の水面に映し出されたプロジェクションマッピングとイルミネーション=富岩運河環水公園

天門橋や夜の水面に映し出されたプロジェクションマッピングとイルミネーション=富岩運河環水公園

富山県 富山・八尾 祭り・催し

幻想的世界で魅了 環水公園でファンタジックワールド

北日本新聞(2017年10月8日)

 光と映像の祭典「ファンタジックワールドin環水公園」が7日、富山市の富岩運河環水公園で始まった。ウオータースクリーンなど3カ所同時に映像を映すプロジェクションマッピングや幻想的なイルミネーションが来場者を魅了した。8日まで。

 天門橋の両側にある展望塔壁面と橋下のウオータースクリーンに、雪の大谷や雨晴海岸などの風景や県内で撮影された映画「ナラタージュ」の予告編が映された。噴水広場の床に星空を投影したフロアプラネタリウムや船上からイルミネーションを楽しむナイトクルーズもあった。

 恒例のスイートイルミネーションも7日スタート。天門橋やイルミネーションツリーが約2万5千個の発光ダイオード(LED)によって鮮やかに照らされ、夜の公園を華やかに彩った。来年2月25日まで毎日、日没から午後10時まで点灯する。

 イベントは8日も午後6~8時半に実施。県と、北日本新聞社や北日本放送でつくる「環水公園等富山駅北地区賑わいづくり実行委員会」主催。

富山・八尾 ニュース