コスモス畑を歩き回る子どもら=となみ夢の平スキー場

コスモス畑を歩き回る子どもら=となみ夢の平スキー場

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉

コスモスウォッチング開幕 となみ夢の平スキー場

北日本新聞(2017年10月8日)

■30回記念で風船飛ばす

 「2017となみ夢の平コスモスウォッチング」が7日、砺波市五谷のとなみ夢の平スキー場で開幕し、ゲレンデを彩る100万本の花が家族連れらを魅了した。今年は30回記念としてコスモス迷路を新設し、15日はウサギやリクガメなどと触れ合える移動動物園を開催する。22日まで。

 地元の五谷観光企業組合や栴檀山(せんだんやま)自治振興会、市などでつくる実行委員会(山本信一会長)が毎年開いている。6月に、ゲレンデ2・4ヘクタールに6品種の種をまいた。現在は5割程度が開花し、14、15日ごろにピークを迎える見通し。

 開会式で山本会長が「じゅうたんのようなコスモス畑を楽しんでください」と述べ、満保秀雄同振興会長もあいさつした。齊藤一夫副市長と山本善郎市議会副議長が祝辞を述べ、出町認定こども園の年長児47人が踊りと歌を披露し、30回記念の風船150個を園児らが空に飛ばした。

 来場者は長さ180メートルの迷路に入ったり、スキーリフトに乗ってコスモスを眺めたり、特産の「せんだん山そば」を食べたりして楽しんだ。

 入場無料で、期間中の土、日曜と祝日は交通整理料(普通車500円)が必要。日曜と祝日は会場と庄川水記念公園、JR砺波駅をそれぞれ結ぶ無料バスを運行する。

砺波・南砺・五箇山 ニュース