餅をつく仲代さん(中央)=七尾市豊川公民館

餅をつく仲代さん(中央)=七尾市豊川公民館

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく その他

中代さん七尾入り 14日から演劇堂で公演

北國新聞(2017年10月11日)

14日から七尾市中島町の能登演劇堂で始まる無名塾の第6回ロングラン公演「肝っ玉おっ母と子供たち」(本社後援)を前に、塾を主宰する俳優仲代達矢さんや出演者ら14人が9日、能登入りし、地元住民らが温かく出迎えた。仲代さんは「帰ってきました。一生懸命に芝居をやりこんで、皆さんに楽しんでいただきたい」と意欲を示した。
 七尾市中島町の6公民館による歓迎会が豊川公民館で開かれ、餅つき大会では仲代さんらがきねを持ち、住民らの「よいしょ」の掛け声で餅をついた。公民館主事らが手作りした中島菜の漬物やいもだこなど郷土料理8品を味わった。
 能登空港でも歓迎セレモニーが行われ、中島町の太鼓グループ「外雷(そでいかづち)太鼓」が力強いばちさばきを披露し、メンバーの児童が仲代さんに花束を手渡した。
 「肝っ玉おっ母と子供たち」は三十年戦争下にあった17世紀の欧州が舞台で、3人の子を抱えながら商売をするために従軍し、たくましく生きた女性アンナ・フィーアリングを仲代さんが演じる。4年ぶりのロングラン公演は11月12日までに計25回上演される。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット