新作茶道具を品定めする来場者=金沢市のめいてつ・エムザ5階美術サロン

新作茶道具を品定めする来場者=金沢市のめいてつ・エムザ5階美術サロン

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

新作茶道具、感性伝え 金沢城・兼六園大茶会作品展始まる

北國新聞(2017年10月12日)

 7~9日に開催された金沢城・兼六園大茶会で使われた新作茶道具を展示、販売する出品作品展(石川県茶道協会、北國新聞社主催)は11日、金沢市のめいてつ・エムザ5階美術サロンで始まった。茶碗(ちゃわん)や菓子器、花入など約140点が披露され、地元作家の感性を伝えた。
 最高賞の県茶道協会会長賞に輝いた柿本美雪さん(金沢)の「山路編(やまじあ)み手(て)付(つき)籠花入(かごはないれ)」など一般公募の入賞入選作と、文化勲章受章者や日本芸術院会員、人間国宝らによる委嘱作が並んだ。美術や茶道の愛好者らが訪れ、もてなしの席に思いをはせながら、お目当ての茶道具を吟味した。17日まで。

金沢市周辺 ニュース