敦賀東浦のみかん狩りをPRする宣伝隊=16日、福井新聞社

敦賀東浦のみかん狩りをPRする宣伝隊=16日、福井新聞社

福井県 敦賀・若狭 特産

東浦みかん 段々畑で収穫を

福井新聞(2017年10月17日)

 福井県敦賀市元比田と大比田で20日から始まる「敦賀東浦のみかん狩り」の宣伝隊が16日、福井新聞社を訪れ、日本海を望む観光園での収穫を呼び掛けた。

 東浦みかんは甘さと酸味のバランスが良く、9園計2ヘクタールで栽培されている。すでに早生(わせ)品種が色づき始め、昨年よりも豊作という。

 訪れたJA敦賀美方営農課の坊宏さんら3人は「段々畑から海が見え、爽快な景色とミカン狩りが楽しめます」とアピール。秋の味覚は来月前半に最盛期を迎え、「なくなり次第終了なので、早めに予約を」と呼び掛けた。

 ミカン狩りの受け付けは午前9時~午後4時まで、期間は11月30日まで。入園料は中学生以上千円、3歳以上~小学生700円。30人以上は1割引きになる。申し込み、問い合わせは同課=電話0770(22)2500。

敦賀・若狭 ニュース