収穫時期を迎えた6色のピーマン=中能登町の道の駅「織姫の里なかのと」

収穫時期を迎えた6色のピーマン=中能登町の道の駅「織姫の里なかのと」

石川県 特産

カラー野菜収穫 中能登・6色ピーマン

北國新聞(2017年10月18日)

 中能登町の道の駅「織(おり)姫(ひめ)の里なかのと」関係者が、七尾市や中能登町で今年新たに栽培した「カラー野菜」が収穫時期を迎えた。駅内の直売所に早速並び、来店者が色鮮やかな野菜の品定めを楽しんでいる。
 道の駅横の農園「織姫観光農園」では、町の地域おこし協力隊員の細井祥平さん(28)と駅の営農指導員の田治(たじ)裕敏さん(68)が育てた6色のピーマンの収穫を進めている。
 ピーマンは緑、黒、白、赤、黄、オレンジ色の6色となる。本来の収穫期は7、8月ごろだが、カラー野菜を通年で流通させるため、通常より3カ月遅い7月に苗を植えた。11月末までに約20キロの収穫を見込む。

石川県 ニュース