「にいつナイトステーション 酒っ衆っ歩っぽ」のチケットと参加店マップ

「にいつナイトステーション 酒っ衆っ歩っぽ」のチケットと参加店マップ

新潟県 新潟・岩室 グルメ

28日から「にいつナイトステーション」切符使い食べ歩き

新潟日報(2017年10月19日)

 新潟市秋葉区のJR新津駅と荻川駅周辺のすし屋や居酒屋など40店がお得なチケットにより、独自メニューを提供する「にいつナイトステーション 酒っ衆っ歩っぽ(しゅっしゅっぽっぽ)」が28日~11月15日に開かれる。イベントを契機に、住民に地元の店に繰り出してもらい、活性化につなげる考えだ。

 新津商工会議所などでつくる実行委員会が主催し、今年2年目を迎えた。新たに荻川駅周辺の4店舗などが加わり、咲花温泉(五泉市)と湯田上温泉(田上町)の2旅館が提供する特別宿泊プランにも使用できる。

 チケットは1500セット作製した。鉄道切符を模した800円券が5枚つづりで、新津鉄道資料館の入館券が1枚付く。1セット前売り3600円。券1~2枚で、すしの握り5貫や牛すじビーフシチューなどの料理と飲み物を1品ずつ格安で楽しむことができる。

 前売りは25日まで。新津商工会議所と参加店舗、デイリーヤマザキ新津駅前店で販売している。28日からの当日チケットは800円券3枚で、2400円で販売する。

 実行委は「まず地元の人に地域のお店を知ってほしい。いろいろな店を回ることで身近な魅力の再発見につながればいい」としている。

 問い合わせは実行委、0250(24)3777。

新潟・岩室 ニュース