ライトを制作する児童

ライトを制作する児童

富山県 富山・八尾 祭り・催し

輝け!手作りライト 八尾で11月にイルミネーション

北日本新聞(2017年10月24日)

 ライトアップイベント「八尾ゆめの森 de イルミネーション」が11月1~22日、富山市八尾町下笹原の八尾ゆめの森体験農園で行われる。イベントに向け、地元の八尾小学校の児童が23日、同校でペットボトル型のライトを作った。

 八尾、山田両地域の福祉施設やNPO法人でつくる「Y・Yネットソーシャルファーム推進協議会」がイベントを初めて企画。地元の小学校や保育所などに協力してもらい、計400個のライトを作って農園に飾り付ける。

 この日は、1、2年生計約90人が制作に取り組んだ。夢や絆などのメッセージを込めたシートや、LED(発光ダイオード)電球を高さ約15センチのペットボトルの中に入れた。完成品が光ると、声を上げて喜んでいた。

 ライトは昼間に太陽光で発電し、日没から数時間点灯する。

富山・八尾 ニュース