思い思いに仮装してパレードを繰り広げる参加者=金沢市のタテマチストリート

思い思いに仮装してパレードを繰り広げる参加者=金沢市のタテマチストリート

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

仮想パレード、倍増の800人 2回目かなざわハロウィン

北國新聞(2017年10月29日)

 31日のハロウィーンを前に「かなざわハロウィン2017」(北國新聞社共催)が28日、金沢市中心部で行われ、カボチャのお化けや魔女などに扮(ふん)した若者、家族連れが金沢駅前から武蔵、武蔵から竪町へと仮装パレードを繰り広げた。昨年に続き2回目となる今年は、2倍となる約800人が参加し、金沢の新たな秋の風物詩として定着してきたことをうかがわせた。
 イベントは金沢駅前、武蔵、香林坊・片町周辺にある大型商業施設や商店街でつくる金沢中心商業地三地区連携実行委員会が企画した。今年はより多くの人に楽しんでもらおうと参加者を増やし、昨年は香林坊までだったパレードのコースをタテマチストリートまで延ばした。
 パレードは金沢駅の鼓門前から金澤表参道、近江町いちば館広場からタテマチストリートの2コースで行われた。参加者はディズニーやジブリの映画のキャラクターをイメージした衣装や、奇抜なメークで思い思いに仮装し、沿道の人々に手を振りながら練り歩いた。
 コース周辺のイベント協力店では、参加者らは「かなざわハロウィン」のオリジナルバッグを持参し、「ハッピーハロウィーン」と伝えると、菓子がもらえたり、特典を受けられたりした。ファッションショーやスパークリングワインの振る舞いなどの催しもあり、にぎわいが広がった。
 映画「魔女の宅急便」のキャラクターに仮装して3歳の長男と参加した主婦向志穂さん(30)=野々市市=は「いろんな仮装をした参加者と写真を撮ったのが思い出になった」と笑顔を見せた。
 実行委によると、今回はパレード参加申し込みから1週間で定員の9割に達した。担当者は「子どもから大人まで楽しめるイベントとして今後も続け、まちなかのにぎわいづくりにつなげたい」と話した。

金沢市周辺 ニュース