高遠城址公園で色づき始めたカエデ

高遠城址公園で色づき始めたカエデ

長野県 伊那路 花・紅葉 祭り・催し

しっとり高遠の秋色 城址公園でもみじ祭り

信濃毎日新聞(2017年10月29日)

 伊那市高遠町の高遠城址(じょうし)公園で28日、「高遠城址もみじ祭り」が始まった。桜の名所で知られる同公園の紅葉もPRしようと、市や市観光協会などでつくる実行委員会が主催して16回目。この日は雨だったが、多くの来場者が傘を手に黄や赤に色づき始めたカエデを眺めた。11月5日まで。

 園内にはイロハカエデやオオモミジなどが約250本ある。実行委によると、今年は色づきが例年より早く、11月3、4日前後に見頃になる見通しだ。毎年祭りに訪れるという同市御園の女性(64)は「雨の日の紅葉も趣があっていい。見頃になったらまた来たい」と話していた。

 29日まで、同市など国道361号沿いの各地の名物麺料理を提供するイベントも開催。同市のローメンや木曽のすんきとうじそばなどを味わい、体を温める人もいた。

 期間中の午前10時〜午後2時に園内で高遠そばを販売。29日午前10時から、地元保存会による高遠太鼓の演奏もある(雨天中止)。

伊那路 ニュース