弁天岩と能生港灯台を望む場所に設置された「恋する灯台」のモニュメント=30日、糸魚川市能生

弁天岩と能生港灯台を望む場所に設置された「恋する灯台」のモニュメント=30日、糸魚川市能生

新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し

「恋する灯台」にモニュメント設置 糸魚川・能生港灯台

新潟日報(2017年10月31日)

 一般社団法人日本ロマンチスト協会(長崎県)と日本財団(東京都)が選定する「恋する灯台」に、県内で唯一選ばれた糸魚川市能生の弁天岩に立つ能生港灯台に30日、モニュメントが設置された。

 モニュメントは能生商工会がデザインし、市が整備した。弁天岩へ渡る曙橋の入り口近くに立てられ、透明の板に「恋する灯台 能生港灯台」と書かれている。モニュメント越しに弁天岩や灯台が眺められるよう透明にした。

 30日は市民や観光関係者らが見守る中、モニュメントがお披露目された。能生商工会で開かれた式典では、市観光協会の山下建夫会長が「海の街、灯台の街として新たなスポットができた。地元の方に愛着を持ってもらい、多くの方に来ていただくためにもしっかり活用したい」とあいさつ。

 米田徹市長は、「役目を終えた」として一時、能生港灯台の取り壊しが検討された経緯を振り返り、「市と地元の連携で残し、(恋する灯台に)選ばれてうれしく思う。ストーリー性を持たせ、恋人たちが語り合える場にしたい」と述べた。

上越・妙高・糸魚川 ニュース