自転車で走る東御市の旧北国街道海野宿

自転車で走る東御市の旧北国街道海野宿

長野県 上田・小諸 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し アウトドア・レジャー 鉄道

秋満喫、サイクルトレイン 3日、軽井沢―田中駅

信濃毎日新聞(2017年11月1日)

 自転車としなの鉄道の両方を楽しむ催し「サイクルツーリング&しなの鉄道サイクルトレイン」が3日に開かれる。アウトドアスポーツ企画運営などのフィールド・マネジメント(軽井沢町)が主催し、しなの鉄道(上田市)が協力。主に下り坂となる軽井沢駅(同町)―田中駅(東御市)間に並行する旧街道を自転車で走り、上り坂の帰りは専用臨時列車に自転車を持ち込んで移動。「秋のサイクリングと快適な列車の旅を通じ、沿線の魅力を感じてほしい」と参加者を募っている。

 しなの鉄道によると、自転車を持ち込めるサイクルトレインの運行は2010年以来7年ぶり。軽井沢駅の「旧駅舎口」が10月27日に開業したことを記念して運行する。

 午前10時に軽井沢プリンスホテルスキー場駐車場で受け付け開始。スキーセンターで食事(パスタ)をした後、同11時に自転車で出発。3〜4時間かけて田中駅を目指す。午後3時55分に同駅を発車する臨時列車「ビッグクラウド号」に乗り、同4時35分に軽井沢駅に戻る行程だ。

 行きは、軽井沢町の旧中山道追分宿、小諸市中心部、東御市の旧北国街道海野宿なども通る。途中、小諸市の大手門公園で休憩し、そば茶やおやきを味わう。片道約35キロで標高差は約500メートル。

 フィールド・マネジメントの大雲芳樹社長(53)は「風情ある街並みを楽しめるのも魅力。屋外の体験活動の選択肢を広げたい」としている。

 小学校高学年以上で体力に自信のある人が対象。防風ウエア、グローブ、ヘルメットを着用する。参加料は1人6500円。希望者は2日までに同社(電話0267・46・9033)に申し込む。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット