青空の下、黒部峡谷の紅葉を楽しむ観光客=欅平の奥鐘橋

青空の下、黒部峡谷の紅葉を楽しむ観光客=欅平の奥鐘橋

富山県 立山黒部アルペンルート 花・紅葉

錦秋の山肌に歓声 黒部峡谷

北日本新聞(2017年11月8日)

 黒部峡谷(黒部市)の紅葉が最盛期を迎えている。7日は朝から青空が広がり、大勢の観光客がトロッコ電車に乗り、鮮やかな黄色や赤色に染まった沿線の絶景を楽しんだ。

 黒部峡谷鉄道の終点・欅平(けやきだいら)駅には、家族連れや団体客らが次々と到着し、奥鐘橋や河原展望台で錦秋の山々を眺めて歓声を上げていた。

 この日は立冬だったが、富山地方気象台によると最高気温は富山22・8度、高岡(伏木)23度など各地で10月上~中旬並みに気温が上がった。8日は前線の影響を受け、曇りで昼前から雨となり、所によって雷を伴う見通し。最高気温は富山、高岡ともに20度を予想している。

立山黒部アルペンルート ニュース

立山黒部アルペンルート
イベント

立山黒部アルペンルート
スポット