雪化粧した山と紅葉した木々が鮮やかな色の対比を描いた集落=白山市白峰地区

雪化粧した山と紅葉した木々が鮮やかな色の対比を描いた集落=白山市白峰地区

石川県 加賀・白山・小松 花・紅葉

白峰の雪と紅葉が色の対比

北國新聞(2017年11月17日)

 16日の石川県内は冬型の気圧配置となり、最低気温は金沢で4・8度と今季一番の冷え込みを記録した。各地で雷を伴った雨が降り、加賀地方の山間部は朝から雪になった。最高気温は小松10・4度など全11観測地点で平年を5~7度下回り、12月中旬~下旬並みとなった。
 白山市白峰地区では、周辺の山の山頂部がうっすらと白く雪化粧した。麓の集落付近では赤や黄色に紅葉した木々が広がり、住民は鮮やかな色の対比に冬の訪れを感じ取った。

加賀・白山・小松 ニュース