かぶらずしを漬け込む従業員=金沢市内の漬物店

かぶらずしを漬け込む従業員=金沢市内の漬物店

石川県 金沢市周辺 グルメ 特産

かぶらずしの漬け込み最盛期

北國新聞(2017年11月18日)

 17日の石川県内は、高気圧に覆われておおむね晴れた。最高気温は金沢13・4度、輪島11・3度など平年を1~3度下回った。
 金沢市野町5丁目の「かぶら寿し本舗かばた」の本社工場では、歳暮用や正月用として人気のある冬の味覚「かぶらずし」の漬け込み作業が最盛期を迎えている。従業員が輪切りにした地元産の「金沢青カブ」やニンジンを並べる作業に追われた。漬け込みのピークは12月下旬まで続く。
 金沢地方気象台は17日、金沢でイチョウの落葉を観測したと発表した。平年より8日早く、昨年より1日早い観測となる。
 同気象台によると、18日の県内は低気圧から延びる前線の影響で雨が降り、雷を伴うところがある。次第に冬型の気圧配置となり寒気が入り込むため、19~20日にかけて平地でも雪が降る可能性がある。
 白山白川郷ホワイトロードは17日、ふくべの大滝駐車場付近で積雪のため、通行止めとなった。中日本高速道路は17日夜から20日にかけて北陸地方などで降雪が予想されるとし、冬用タイヤの装着やチェーンの準備を呼び掛けた。

金沢市周辺 ニュース