松本空港に到着した零式艦上戦闘機の修復機

松本空港に到着した零式艦上戦闘機の修復機

長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

ゼロ戦の修復機、松本空港に到着 周辺を旋回

信濃毎日新聞(2017年11月22日)

 太平洋戦争で日本海軍の戦闘機として使われた零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を修復した機体が21日、県営松本空港(松本市)に到着した。所有者の企画で国内を回っている。この日は八尾空港(大阪府八尾市)から1時間余かけて訪れ、松本空港周辺を旋回し、着陸した。

 機体はパプアニューギニアで発見され、2000年に米国で部品の大半を交換して復元。日本人が所有しており、今年5月に分解して国内に運搬した。今回の企画では、米国在住のパイロット柳田一昭さん(66)が操縦。22日には、仙台空港(宮城県名取市)に向かう予定だ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット