越冬物資を貨車に積み込む作業員=黒部峡谷鉄道宇奈月駅

越冬物資を貨車に積み込む作業員=黒部峡谷鉄道宇奈月駅

富山県 黒部・宇奈月・新川 その他

黒部川上流へ越冬物資 トロッコ運休前に関電

北日本新聞(2017年11月28日)

 関西電力は冬季に黒部川上流の寮や合宿所に滞在して発電所の管理やダム操作を行う社員らのため、越冬物資の運搬を進めている。27日は黒部市の黒部峡谷鉄道宇奈月駅から、米や野菜など計約4・6トンをトロッコ電車に積み込み、約27キロ先の人見平寮・合宿へ運んだ。

 関電によると、黒部川上流には寮や合宿所が計8カ所9施設ある。冬季はトロッコ電車が運休し、輸送ができなくなるため、事前に食料品や日用品などをまとめて運んでいる。

 27日は午前6時半ごろから、作業員が米の入った袋や、野菜、加工食品などを詰めた段ボール箱を貨車に積んで送り出した。

 今シーズンの運搬は16日に始まり、12月12日まで宇奈月側と長野県側から計約22・4トンを運搬する。運休中は「逓送(ていそう)さん」と呼ばれる運搬業者が、歩いて生鮮食料品や新聞などを届ける。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット