クラゲ水槽を幻想的に照らすクリスマスツリー=新潟市中央区

クラゲ水槽を幻想的に照らすクリスマスツリー=新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し アウトドア・レジャー

新潟・マリンピア クラゲも彩り七変化 Xマスツリー登場

新潟日報(2017年11月28日)

 新潟市水族館マリンピア日本海(新潟市中央区)に、高さ4・5メートルの巨大クリスマスツリーが登場した。ピンク、青、白の電飾がクラゲの群れを幻想的に照らし、来館した子どもらは「きれい」と歓声を上げた。

 長野県から運んだモミの木を「マリンピアホール」のクラゲ水槽近くに設置。2100球のLEDライトやサンタの人形などで飾った。

 点灯式が23日に行われ、水の生き物などのクイズに多く正解した長野県松本市の女児(6)が点灯のスイッチを押した。新潟青陵大アカペラサークルの6人がクリスマスソングなどを披露。一足早い聖夜のムードを演出した。ツリーは12月28日まで展示される。

 家族で訪れた南魚沼市の男児(6)は「家のツリーより大きい。ピカピカ光ってきれい」と話した。

新潟・岩室 ニュース