「ゴールドプレミアムライスAAA」に認定され、他のコメ生産農家と記念撮影に納まる木島平米ブランド研究会長の嘉部さん(左から2人目)

「ゴールドプレミアムライスAAA」に認定され、他のコメ生産農家と記念撮影に納まる木島平米ブランド研究会長の嘉部さん(左から2人目)

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 グルメ

「ゴールドプレミアムライスAAA」認定 木島平の研究会

信濃毎日新聞(2017年11月30日)

 木島平村のコメ生産農家でつくる「木島平米ブランド研究会」が、米・食味鑑定士協会(大阪市)などが主催する全国規模のコメの品評会「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」の国際総合部門で最高賞に当たる「金賞」を2012年から5年連続で受賞し、「ゴールドプレミアムライスAAA(トリプルエー)」の認定を受けた。村は29日、祝賀会を村内で開き、生産農家らがコメのブランド価値の向上が図れることを喜んだ。

 米・食味鑑定士協会によると、これまでにゴールドプレミアムライスAAAを受けたのは、福島県天栄村、群馬県川場村、島根県奥出雲町の3町村の団体。木島平米ブランド研究会は国内4番目で、県内初の認定だ。良質のコメとして付加価値が付き、消費者にアピールできる利点があるという。

 認定を受けるには、同コンクールの国際総合部門で金賞を5年連続で受賞することが条件。木島平米ブランド研究会は、昨年までの同コンクールで5年連続で金賞を受賞。今年の11月25、26日に山形県で開催した同コンクール会場で、ゴールドプレミアムライスAAAの認定証を受け取った。同研究会のコメは今年のコンクールでも同部門の金賞を受賞した。

 村農村交流館で開いた祝賀会には、村職員や生産者ら計約30人が参加。同研究会長の嘉部(かべ)正義さん(70)=木島平村上木島=は「喉から手が出るくらいに欲しかった。これからもコンクールで金賞を受賞し続けていきたい」と抱負を述べた。日台正博村長は「木島平村のコメの価値がさらに高まる」と期待していた。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット