長野県 松本・上高地・美ヶ原 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

富士山×諏訪湖=年賀状映え! 早朝の高ボッチ高原

信濃毎日新聞(2017年12月2日)

 塩尻市と岡谷市にまたがる高ボッチ高原(標高約1600メートル)に、朝焼けの富士山と眼下に広がる諏訪湖を写真に収めようと、早朝から大勢の写真愛好家が訪れている=写真。1日も、寒空の下で撮影。「年賀状に使えそう」などと話す人もいた。

 松本、塩尻の市街地から通じる道路が冬季閉鎖する前のこの時季、県内外から愛好家が集まる。この日も至る所で、三脚に付けたカメラを構える姿が見られた。午前5時半ごろから仲間2人と撮影した名古屋市の若旅彬さん(71)は「日の出直前の赤みを帯びた空を期待通りに撮影することができた」と笑顔だった。

 塩尻市観光協会の担当者は「この時季は雲が少ない状態で富士山を望めることが多く、絶好のシーズン」と話す。同市や松本市から通じる市道高ボッチ線は積雪状況をみて閉鎖される。塩尻市建設課によると例年、12月中旬ごろからが多いという。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット