蜂蜜やコーヒーで作った3種類の限定チョコレート

蜂蜜やコーヒーで作った3種類の限定チョコレート

長野県 松本・上高地・美ヶ原 スイーツ

松本市街地産の蜂蜜、チョコに 味わい3種、限定販売

信濃毎日新聞(2017年12月6日)

 松本市中心市街地でミツバチを育て、街の活性化につなげる「松本みつばちプロジェクト」は、コーヒー販売などのエディションフォー・スタディーズ(松本市)と協力し「ビー&ビーンチョコレート」を開発した。特産品化を進める蜂蜜とコーヒーを組み合わせた限定商品で、6日から500個販売する。

 プロジェクトは市内で蜂蜜を製造する信州蜂蜜本舗と百貨店井上が主催。今回のチョコレートは、松本のイメージを香りや味わいで表したコーヒーを販売するスタディーズと共同企画した。

 チョコは3種類。「ネイチャー」は深いりの豆から抽出したコーヒーを使い、たき火のような風味から松本の自然を表した。「シティ」は豆のフルーティーさが特徴。「ハニー」はプロジェクトの蜂蜜をふんだんに使った。1箱税別2千円で二つずつ計6個を詰め合わせた。百貨店井上と山形村の商業施設「アイシティ21」で販売する。

 5日は松本市内で試食会を開き、参加者から「個性がある」「おいしい」と好評だった。井上の常務執行役員、井上博文さん(43)は「土産やクリスマスのギフトにもいい。松本の味や香りを楽しんでほしい」と話した。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット