イベントで滑り初めをするゆるキャラたち=9日、湯沢町三国

イベントで滑り初めをするゆるキャラたち=9日、湯沢町三国

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 祭り・催し アウトドア・レジャー

スキーシーズン本番 湯沢・苗場で催し

新潟日報(2017年12月11日)

 新潟県のスキーシーズンの本格スタートを告げる催し「スキーの新潟 オープニングセレモニー」が9日、湯沢町三国の苗場スキー場で開かれた。米山隆一知事や県のキャラクター「レルヒさん」らが滑り初めをしたほか、南魚沼産コシヒカリのおにぎりなどが振る舞われ、県内外から訪れた来場者は待ちわびた"冬"の到来を喜んだ。

 県スキー観光産業振興協議会と苗場スキー場の主催。

 滑り初めには、地元の首長、議員や湯沢町出身で元アルペンスキー日本代表の皆川賢太郎さんも参加。レルヒさんやスキー場のマスコットたちが、雪国の「ゆるキャラ」の本領発揮とばかりに手を振りながらシュプールを描くと、来場者から大きな歓声が上がった。

 来場者は熱々のけんちん汁や炊きたてのおにぎりでおなかを満たすと、この日オープンしたゲレンデに飛び出した。東京都から友人15人で訪れた大学生(23)は「雪質がよく楽しめた。コメも東京とは違っておいしかった」と満喫した様子だった。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース