ホワイトソックス

ホワイトソックス

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し アウトドア・レジャー

サンタも犬も水槽にいるよ 寺泊水族博物館で限定展示

新潟日報(2017年12月12日)

 長岡市寺泊花立の寺泊水族博物館で、クリスマスと来年の干支(えと)の戌(いぬ)にちなんだ展示コーナーがそれぞれ期間限定で設置されている。赤と白の色合いがサンタクロースのようなエビや、顔つきが犬に似ているフグなどが来場者を楽しませている。

 クリスマスに合わせた展示では、体が赤く触角や足先が白い体長5センチほどのエビ「ホワイトソックス」や、トナカイのような角を持つ「トナカイイチョウガイ」の貝殻で水槽を彩った。

 干支の展示は、犬のような表情をした「コクテンフグ」が泳ぐ。ビーグルに似た様子が愛らしい。泳ぐ姿が、地面の匂いを嗅ぎながら歩く犬に似ているといわれる「イヌザメ」は幼魚と卵を展示した。

 同館の青柳彰館長は「たくさんの魚が待っているので、ぜひ遊びに来てほしい」と話した。

 クリスマス展示は25日まで、干支展示は来年2月末まで。午前9時~午後5時。一般700円、中学生450円、小学生350円、3歳以上の幼児200円。来年1月13日から2月末まで、中学生以下の子ども料金が無料になる。問い合わせは寺泊水族博物館、0258(75)4936。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース