富山の特色を詰め込んだ衣装をまとい、ポーズを決めるいろどり錬磨のメンバー=県民会館

富山の特色を詰め込んだ衣装をまとい、ポーズを決めるいろどり錬磨のメンバー=県民会館

富山県 その他

コスプレで富山PR 「いろどり練磨」結成

北日本新聞(2017年12月12日)

 県内の地域活性化に取り組むグループ「地元クリエーション・ブラックラウド」が11日、県と県内15市町村の文化や自然、歴史をモチーフにしたキャラクターに扮(ふん)して歌や踊りのパフォーマンスを行うユニット「いろどり錬磨(れんま)」を結成したと発表した。県内外のイベントやインターネット動画に出演し、富山を県内外にPRする。

 企画は「とやまキャラクタープロジェクト」と題して行い、県の「NPO・県民協働未来創生事業」に採択されている。富山県と15市町村の計16のキャラと、オリジナルソング2曲を制作。キャラの衣装には立山連峰や氷見の寒ブリ、滑川のホタルイカなど各地域の特色を取り入れた。PRキャラを複数の市町村でつくり、コスプレでアピールするのは全国初という。

 ユニットは富山市在住で同グループ代表のパフォーマー、ぶらっくすわんさん(21)ら16人で構成。会員制交流サイト(SNS)などでメンバーを募り、富山、石川両県に住む7歳から20代までの学生や会社員が集まった。11日に県民会館で行ったお披露目にはうち9人が登場した。

 16日に同市のファボーレでデビューライブを行う。ぶらっくすわんさんは「私たちにしかできないパフォーマンスで富山の魅力を県内外に発信したい」と話した。

富山県 ニュース