年末になり、盛んになった「繭玉」づくり=小松市大文字町

年末になり、盛んになった「繭玉」づくり=小松市大文字町

石川県 加賀・白山・小松 その他

新年に願い華やか 小松で繭玉づくり

北國新聞(2017年12月21日)

 年の瀬を迎え、石川県内で縁起物の正月飾り「繭(まゆ)玉(だま)」づくりが盛んになっている。小松市大文字町の看板装飾業「ワタ」では、紅白に色付けした丸いもなかや宝船、ダルマ、小づちなどの飾りを、従業員が手際よくヤナギの枝に取り付けた。
 同社専務の綿一憲さん(39)によると、出荷のピークは例年クリスマス以降で、商売繁盛を願って店先に飾る飲食店関係者のほか、孫の健やかな成長を祈る祖父母からの注文があるという。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット