昔懐かしい風景などをジオラマで表現した作品展=村上市

昔懐かしい風景などをジオラマで表現した作品展=村上市

新潟県 村上・胎内 祭り・催し 温泉

リアル昭和じっくりと 村上でジオラマ展

新潟日報(2017年12月22日)

 温泉客に楽しんでもらおうと、昔懐かしい風景などをジオラマで表現した作品展が、1月14日まで村上市瀬波温泉2の汐美荘で開かれている。郷愁を誘う昭和時代の風景や、緻密に再現された造船所の様子など大小さまざまな作品22点が並んでいる。

 制作したのは東京都のジオラマ作家荒木さとしさん。自身を「情景師アラーキー」と称し、風景やアニメのシーンなどの作品を手掛けている。

 16日に訪れた新潟市西蒲区の大学生(19)は「立体感や質感がとてもリアル。今にも動き出しそうなものばかり」と話していた。汐美荘の担当者は「どれだけ本物に近いか、ぜひとも見てほしい」と呼び掛けている。ジオラマは宿泊客でなくても見学できる。写真撮影可能。

 23日午後5時からと、24日午前11時からの計2回「ジオラマが出来るまでのひみつ!」と題した荒木さんのトークショーが汐美荘で開かれる予定。申し込み不要で参加無料。

村上・胎内 ニュース