「山町筋の天神様祭」への来場を呼び掛ける作井会長=北日本新聞高岡支社

「山町筋の天神様祭」への来場を呼び掛ける作井会長=北日本新聞高岡支社

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

天神様祭見に来て 来月20、21日高岡山町筋

北日本新聞(2017年12月22日)

 来年1月20、21の両日に高岡市の山町筋一帯で開かれる「山町筋の天神様祭」のポスターが完成した。主催する「土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会」の作井宗人会長が21日、北日本新聞高岡支社を訪れ、「高岡独特の文化を多くの人に楽しんでほしい」とPRした。

 国の重要伝統的建造物群保存地区である山町筋の魅力を発信しようと毎年開き17回目。住民の所蔵品や市内外の旧家に伝わる菅原道真の人形や掛け軸を約40カ所で飾り、高岡で盛んな天神様信仰を伝える。

 1月20日は同市平米小学校の向井康之校長を講師に、市土蔵造りのまち資料館で寺子屋天神講を行う。事前申し込みが必要で一般500円、小学生無料。21日は高岡御車山(みくるまやま)会館で、フリーアナウンサーの相本芳彦さんが「高岡天神まつりと加賀のキリシタン」と題して講演する。入場無料。

 展示する天神様の人形や軸を募集している。問い合わせは同協議会、電話0766(23)2623。北日本新聞社共催。

高岡・氷見・射水 ニュース