岡谷市の諏訪湖に飛来し、茅野市の上川に移動したコハクチョウ

岡谷市の諏訪湖に飛来し、茅野市の上川に移動したコハクチョウ

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

お待たせ 諏訪湖にコハクチョウ

信濃毎日新聞(2017年12月24日)

 諏訪湖の冬の風物詩のコハクチョウが23日朝、今冬初めて飛来した。保護に取り組んでいる「諏訪湖白鳥の会」が岡谷市の横河川河口近くで成鳥6羽を確認。同会によると、1974(昭和49)年に初めて飛来を確認して以降、2番目に遅い。

 午前6時半すぎ、同会事務局長の花岡幸一さん(62)=岡谷市=が確認。10分ほどたつと、漁業用に鳥を追い払う爆音機の音に驚いて飛び立ち、茅野市の上川に移動した。花岡さんは「雪が少ないこともあって初飛来が遅い傾向が続いているが、こうしてハクチョウの姿を見ると安心する」と話していた。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット