輪島朝市の初市で品定めする観光客=輪島市河井町

輪島朝市の初市で品定めする観光客=輪島市河井町

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 祭り・催し

雪の輪島朝市 掛け声響く

北國新聞(2018年1月5日)

 輪島朝市の初市は4日開かれ、雪がちらつく中、観光客が「こうてくだ」「見ていって」の掛け声に足を止めて買い物を楽しんだ。
 初市には、通常の4分の1となる露店約50店が出店した。正月の休漁のため鮮魚は少なめで、観光客は干物や輪島塗の箸などを品定めした。
 東京都小平市から訪れた会社員高橋薫さん(64)は「東京で手に入らない物を探しに来た。朝市のおばちゃんたちの活気や人柄にも触れられた」と声を弾ませた。
 朝市組合によると、昨年の入り込み客数は63万6千人で、北陸新幹線金沢開業や輪島がロケ地となったNHK連続テレビ小説「まれ」放送の効果が薄れ、2016年から5万6千人減少した。
 朝市は今年も第2、第4水曜日が定休日となる。小林政則組合長(59)は「新年も安全・安心の商品を売る朝市として、客に喜んでもらいたい」と話した。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット