無病息災を願い、びんずる尊者を引き回す参拝者ら

無病息災を願い、びんずる尊者を引き回す参拝者ら

長野県 長野市周辺 祭り・催し

善光寺で無病息災願い「びんずる回し」

信濃毎日新聞(2018年1月7日)

 長野市の善光寺本堂で6日夜、新年恒例の行事「びんずる回し」があった。なでた場所の痛みや病気が治ると伝わる「びんずる尊者」の木像を訪れた人たちが引き回し、1年間の無病息災を願った。
 午後7時すぎ、尊者像の前で寺の浄土宗一山の住職ら10人余が読経。太鼓の音が鳴り響く中、参拝者らは像の台座に取り付けた綱を持ち、「わっしょい、わっしょい」と声を合わせて本堂内を3周した。その後、無病息災の御利益があるとされる「福しゃもじ」を受け取り、尊者像をなで、自分の体にも当てた。

長野市周辺 ニュース