吉田隆介さん宅に飾られている天神さまの座像=柏崎市宮川

吉田隆介さん宅に飾られている天神さまの座像=柏崎市宮川

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

天神さま表情りりしく 柏崎などで「街道」44会場で披露

新潟日報(2018年1月10日)

 学問の神様で「天神さま」として親しまれる菅原道真の座像を、個人宅や商店で披露する「越後天神さま街道」が柏崎市などで行われている。市民らが各会場を巡り、個性豊かな天神さまを楽しんでいる。

 柏崎市、刈羽村、出雲崎町地域では商売繁盛や家内安全などを願い、正月や道真の命日の2月25日に合わせて、天神さまの座像や掛け軸を飾る風習がある。伝統を残そうと地元有志が始め、8回目のことしは3地域の計44会場で行う。

 会場の一つとなっている柏崎市宮川の陶芸家、吉田隆介さん(68)宅の座像は明治時代以前に作られたものとされる。寄木造りで、りりしい表情を浮かべており、吉田さんは「いろいろな会場を巡って、表情や大きさの違う天神さまを見比べてほしい」と話す。

 柏崎刈羽地域の多くの会場は25日まで。出雲崎町では14日から3月4日まで。柏崎市の市民活動センター「まちから」では、1月14日午後2時から、燕市など天神さまを飾る風習のある他地域の住民や、研究者らとの座談会が開かれる。

 柏崎刈羽地域、座談会の問い合わせは三忠呉服店、0257(22)3624。出雲崎は道の駅越後出雲崎天領の里、0258(78)4000。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース