「糸魚川シーフードシャトルバス」に乗り込む香港からのスキー客たち=白馬村

「糸魚川シーフードシャトルバス」に乗り込む香港からのスキー客たち=白馬村

長野県 白馬・安曇野 アウトドア・レジャー

スキー客、海の幸求め糸魚川に 白馬・小谷から定期バス運行開始

信濃毎日新聞(2018年1月11日)

 北安曇郡白馬村、小谷村と新潟県糸魚川市を結ぶ定期バス「糸魚川シーフードシャトルバス」の運行が10日、始まった。初日は、香港からのスキー客7人と日本人2人が、新鮮な魚介類の料理を目当てにバスに乗り込んだ。

 同市の会社経営者らでつくる実行委員会の主催。両村を訪れているスキー客を呼び込もうと、2016年から冬に運行している。この日、同市の海鮮居酒屋で友人らと飲食するという香港の男性(35)は「糸魚川の海鮮料理はおいしそうなので、とても楽しみ」と話していた。

 実行委幹事長の旅行会社経営、片山良博さん(41)によると、糸魚川は16年12月に発生した大火から復興に向かっているが、観光客減少などの影響を受けているという。片山さんは「おいしい料理を食べることで、糸魚川を盛り上げてほしい」と話し、今後の入り込みに期待していた。

 今年は2月16日までの水、金曜日に運行。午後5時に白馬村を出発し、小谷村を経て約1時間半かけて糸魚川駅に到着する。帰りは午後9時半に糸魚川駅を出発する。片道500円。

白馬・安曇野 ニュース

白馬・安曇野
イベント

白馬・安曇野
スポット