青空の下、雪ざらしされるコウゾ=南砺市東中江

青空の下、雪ざらしされるコウゾ=南砺市東中江

富山県 砺波・南砺・五箇山 特産

白銀にコウゾ白く 平で雪ざらし

北日本新聞(2018年1月16日)

 和紙の原料となるコウゾを漂白する「雪ざらし」が南砺市東中江(平)の東中江和紙加工生産組合(宮本友信組合長)で最盛期を迎えている。青空が広がった15日は、1メートルほど積もった雪の上にコウゾの束が広げられた。

 雪ざらしは五箇山地方に古くから伝わる手法。7~10日間、雪上でコウゾを日光にさらすと葉緑素が抜けて白くなる。従業員の宮本謙三さん(54)がコウゾの束を並べ、手際よく裏返して日光に当てた。宮本さんは「今冬は12月から雪が積もり、作業ははかどっている」と話した。作業は2月末まで続くという。

砺波・南砺・五箇山 ニュース