えとにちなみ、ハボタンを使って犬の顔を表した展示

えとにちなみ、ハボタンを使って犬の顔を表した展示

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉 祭り・催し

ハボタンで「戌」表現 砺波・県花総合センター季節展示

北日本新聞(2018年1月17日)

 紅白のハボタン800鉢を使い、えとの「戌(いぬ)」を表現した季節展示「お正月」が、砺波市高道の県花総合センターの展示ホールで開かれている。犬のかわいい表情が訪れた人の目を楽しませている。22日まで。

 展示の大きさは縦5メートル、横7メートル。この他、オランダ生まれの最新品種のマンリョウ「ボスプレミアムレッドベリーズ」をはじめ、センリョウやカラタチバナ、ヤブコウジ、ナンテンなどの植物100鉢で彩っている。会場はロウバイの香りが漂い、たこや扇子、羽子板など正月らしい小物も一緒に飾っている。

砺波・南砺・五箇山 ニュース