小矢部市無形民俗文化財に指定された後初の津沢夜高あんどん祭のポスター

小矢部市無形民俗文化財に指定された後初の津沢夜高あんどん祭のポスター

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

色鮮やか あんどん7基 津沢夜高ポスター

北日本新聞(2018年1月19日)

 小矢部市無形民俗文化財に昨年秋指定された津沢夜高あんどん祭の今年のポスターができた。文化財指定後初の祭りは6月1、2日に行われる。ポスターには2次元バーコードを入れ、呼び物の大あんどんのぶつかり合いの動画が見られるようにした。

 津沢夜高行燈(あんどん)保存会(沼田信良会長)が3年ごとにデザインを変えて作っている。

 今回のポスターには「小矢部市指定無形民俗文化財」と入れ、昨年の祭りで練り回された色鮮やかな大あんどん7基やぶつかり合いの写真などをちりばめた。

 迫力満点のぶつかり合いの動画は、スマートフォンで2次元バーコードから読み込んだ無料アプリをポスターにかざして見ることができる。A1判で500枚作った。沼田会長は「文化財になって初めての祭り。多くの人に見に来てもらいたい」と話している。

砺波・南砺・五箇山 ニュース