新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

妙高 山麓疾走自然楽しむ

新潟日報(2018年1月19日)

 スキー場周辺の森林や雪原を走る「妙高スノーモービルランド」が20日、妙高市の妙高杉ノ原スキー場を主会場にオープンする。一面雪に覆われた棚田を見ながら妙高山麓を疾走し、冬の大自然の魅力を満喫できる。

 妙高観光推進協議会が所有する7台を使い、杉野沢観光協会と同スキー場でつくる杉野沢実行委員会が実施する。昨季に続き2回目で、冬の新たなレジャーとして定着を目指す。

 講習が3千円、林間を巡る6キロコースが5千円(いずれも16歳以上)。16歳以下はインストラクターと2人乗りで2500円。スノーモービルがけん引するラフティングボードに乗る「スノーラフティング」(大人2600円、子ども1500円)もある。

 受付場所は妙高杉ノ原スキー場内。午前10時~午後3時。3月下旬まで。電話は080(9527)0869。

上越・妙高・糸魚川 ニュース