弁当に舌鼓を打つ関係者=珠洲市の飯田わくわく広場

弁当に舌鼓を打つ関係者=珠洲市の飯田わくわく広場

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 グルメ 特産

よばれ弁当、試食で自信 来月、珠洲でイベント

北國新聞(2018年1月23日)

 2月24日に珠洲市の飯田わくわく広場で開かれるイベント「珠洲よばれ弁当を食べよう」(北國新聞社後援)の試食会が22日、同広場で開かれ、関係者約20人が特産の大浜大豆や原木シイタケ「のと115」など、地場産の食材を豊富に使った弁当に舌鼓を打った。
 市内の飲食店や宿泊施設など5店が弁当を試作し、関係者が大浜大豆で仕立てられた豆腐や、のと115を使った煮物などを味わった。飯田わくわく広場振興会の藤野裕之会長は「それぞれ地元の味をうまく引き出していた。本番が楽しみだ」と話した。
 同振興会が珠洲の祭礼時、客人にごちそうを振る舞う「よばれ」を気軽に楽しんでもらうために「食祭 珠洲まるかじり」(本社後援)の前夜祭として初企画した。地元団体の余興を楽しみながら弁当を味わう予定で、弁当は1500~2500円で提供する。
 弁当は予約制で、2月13日まで受け付ける。定員は100人で、持ち帰り希望者は事前に伝える必要がある。問い合わせは飯田わくわく広場=0768(82)7890=まで。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット