来月から配信される小矢部市のPR動画

来月から配信される小矢部市のPR動画

富山県 砺波・南砺・五箇山 その他

小矢部市PR動画、来月から配信 観光地で踊る

北日本新聞(2018年1月24日)

 小矢部市イメージソング「小矢部で見つけましょう」に合わせ、市民が踊る市のPR動画が今月末に完成し、2月中旬から市ホームページや動画投稿サイトで配信が始まる。市の魅力を情報発信し、市の認知度アップや定住人口の増加につなげる。桜井森夫市長が23日、市役所で開いた定例記者会見で概要を報告した。

 動画は、市民らがクロスランドおやべや宮島峡といった観光地やメルヘン建築の大谷中学校など計11カ所で踊る映像で構成。振り付けは富山グラウジーズのダンスチーム「G・O・W」が担当した。撮影は昨年10、11月の2日間に行い、公募市民や市内8団体などの園児から80代まで延べ164人が参加した。桜井市長も踊った。

 このダンス編(3分38秒)には夫婦げんかをしていた家族がテレビから流れるPR動画を見て踊り出し仲直りするドラマパートも織り込み、中学3年までの医療費無料や住宅取得助成など市の定住施策をテロップで紹介している。市の自然環境や交通の便の良さ、定住施策を紹介した情報編(2分25秒)も制作した。

 PR動画は移住セミナーや出向宣伝時にも活用する。市長は「これを機に若い方に帰ってきてもらい、定住人口の増加につなげたい」と話した。

砺波・南砺・五箇山 ニュース