下諏訪町の湖岸で氷の厚さを確認する宮坂宮司(右から2人目)ら

下諏訪町の湖岸で氷の厚さを確認する宮坂宮司(右から2人目)ら

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 その他

諏訪湖「御神渡り」 早朝観察、今季初の氷上へ

信濃毎日新聞(2018年1月29日)

 諏訪湖に張った氷が割れてせり上がる「御神渡(おみわた)り」の早朝観察を続けている八剣神社(諏訪市)の宮坂清宮司(67)らは28日朝、今季初めて氷の上に立って状態を調べた。この日は諏訪市豊田や下諏訪町高浜など湖畔の4カ所を巡回。氷の厚さは前日より3センチ増して5センチだった。

 午前6時40分すぎ、宮坂宮司と氏子総代らは、諏訪市豊田の湖岸から5メートルほど沖へ氷の上を慎重に歩いて進み、氷を斧(よき)で割って厚みを測った。宮司は「もう3日ほど寒い日が続けば御神渡りの可能性も高まる」と話した。

 28日の諏訪の最低気温は平年より3・6度低い氷点下10・4度。長野地方気象台によると、29日の予想気温は最低が氷点下4度、最高が4度。2月4日までの最高気温と最低気温はともに平年並みか平年より低く、中南信地方では1日ごろ雨が降る可能性があるとしている。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット