5月の本番に向け意気込む子供役者=小松市のこまつ曳山交流館みよっさ

5月の本番に向け意気込む子供役者=小松市のこまつ曳山交流館みよっさ

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

寺町で台本渡しの儀 小松 曳山子供歌舞伎

北國新聞(2018年1月29日)

 5月に小松市で開催されるお旅まつりで曳山(ひきやま)子供歌舞伎を上演する同市寺町の子供役者5人は28日、同町の建聖寺で台本渡しの儀に臨み、本番に向け気持ちを新たにした。
 吉岡芳晴町内会長が「町内一丸で素晴らしい舞台をつくろう」と、一人一人に台本を手渡した。来月から読み合わせの稽古が始まり、立ち稽古は4月中旬、指導と振り付けを担当する市川団四郎さん(北海道函館市)を招いて行う。
 演目は「蝶(ちょう)千鳥曽我物語中村閑居の場」で、曽我十郎祐成役の松岡結唯さん(小松市芦城小4年)は「大きい声を出せるように頑張りたい」と意気込みを話した。配役は次の通り。
 ▽母満江役 川島陽菜佳(小松市芦城小6年)▽曽我五郎時致役 野村凛夏(加賀市金明小3年)▽女中おさき役 胡摩凛々果(小松市串小3年)▽禅師坊実江役 松岡閑奈(同市芦城小2年)

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット