辻さんの手ほどきを受けながら、ぐいのみに模様を描く作業に取り組むブロガー=工房ヤマセン辻佛檀

辻さんの手ほどきを受けながら、ぐいのみに模様を描く作業に取り組むブロガー=工房ヤマセン辻佛檀

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し グルメ 特産

台湾に魚津の魅力発信 ブロガー招き視察旅行

北日本新聞(2018年1月30日)

 魚津市と観光交流都市・長野県飯山市は29日、台湾の人気ブロガー4人を招き、文化や自然の魅力をインターネットで発信してもらう視察旅行をスタートさせた。3泊4日の日程で両市を巡る。初日は魚津市を訪れ、富山湾の魚介類を使ったすしを味わったり、魚津漆器に消し蒔絵(まきえ)を施す作業を体験したりした。

 魚津市は海、飯山市は山を中心に特色を発信して誘客促進を図ろうと、北陸信越運輸局の支援を受けて実施。昨年8月にも行い、ブロガーが魚津市でたてもん祭りや海上花火大会、飯山市で紙すきや温泉などを楽しんでいる。

 男女2人ずつの一行は魚津市内のすし店で「富山湾鮨(ずし)」を味わった後、同市金浦町の工房ヤマセン辻佛檀を訪問。社長で塗り師、辻悟さん(39)の手ほどきを受け、ぐいのみに好みの模様を代用漆で描き、乾く前に金粉または銀粉を掛けて仕上げた。

 30日は魚津漁協の水産物荷さばき施設「魚津おさかなランド」で競りを見学し、海の駅蜃気楼で朝食を取ってから飯山市に向かう。31日まで同市で雪上車やスノーシューを履いての散策などを体験し、2月1日に富山空港から帰国する。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット