卵立てに挑戦する児童=加賀市片山津小

卵立てに挑戦する児童=加賀市片山津小

石川県 加賀・白山・小松 その他

片山津小児童が卵立てに挑戦

北國新聞(2018年2月3日)

 加賀市片山津小6年生29人は2日、片山津出身の科学者中谷宇吉郎の随筆にちなんで卵を立てる実験を行い、博士の物事を探究する精神に学んだ。
 中谷博士は随筆「立春の卵」で、「立春の日に卵が立つ」という中国の故事に疑問を持ち、暦に関係なく卵が立つことを科学的に実証したとつづっている。
 児童はころころと転がる卵を前に真剣な表情を浮かべ、次々と卵立てを成功させた。西岡花奈さんは「難しかったけど、卵を立てることができてうれしい」と笑顔で話した。片山津商工振興会が200個の温泉卵を提供した。
 片山津小は1994年に市中谷宇吉郎雪の科学館が設立されてから毎年、卵立ての実験を行っている。

加賀・白山・小松 ニュース